2009年07月02日

チラシ

チラシができました。
【関連する記事】
posted by カイロス at 23:43| Comment(0) | ダンス公演情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

EAST DRAGON 2009

EAST DRAGON 2009「與東龍共舞」
KIM Sung-yong (Dance Company MOO-E)東京公演

「MAYDAY」
  振付・出演:KIM Sung-yong
  音楽・演奏:Fracois RIALLAND
  映  像 :JUNG Seung-Jae

「(タイトル未定)」
  振  付 :沼田志歩
  出  演 :沼田志歩 梶谷拓郎

「ろうそくの火はどこへ消えるのか」
  振付・出演:木野彩子


日  時:2009年8月3日(月)19:00 開演
会  場:d-倉庫 [日暮里]
チケット:2,500円(全席自由)

チケット取扱:
■KAIROS企画  E-mail: kairos2jooyi★gmail.com
Dance in Deed! E-mail: eastdragon.adm★gmail.com
         FAX: 03-3227-0279
■オフィス・ダム TEL: 042-571-5652

お問合わせ:KAIROS企画
E-mail: kairos2jooyi★gmail.com

*★マークを@に置きかえてください。

スタッフ
アーティスティック・ディレクション:KIM Sung-Yong
照  明:三枝 淳
音  響:d-倉庫
舞台監督:JUNG Seung-Jae

主  催:NPO-DAM/KAIROS企画
後  援:駐日韓国大使館 韓国文化院
協  力:(有)オフィス・ダム/d-倉庫
助  成:韓国文化芸術委員会
プロデュース:李 周伊(イ・ジュウイ)
制作協力:高谷静治/Dance in Deed!


MESSAGE 〜〜〜〜
<眠れるダンスの宝庫>アジアから覚醒した若き龍たちは、いままさに鳴動をはじめています。
1999年に青山円形劇場が立ち上げた企画「イーストドラゴン」は、企画のタイトルをNPO-DAMが継承して、2006年から再開。本公演はその再開第3弾にあたります。
今回は、台頭著しい韓国の才能 KIM Sung-yong(キム・ソンヨン)とフランス人ミュージシャンFracois RIALLAND、ビジュアルディレクターJUNG Seung-Jaeによる即興をベースとした作品と、現在、スイスで活躍し、日本のコンテンポラリーダンス界がその才を注目している沼田志歩、フランス・イギリスで活動し、日本に拠点を移したばかりの木野彩子の作品を同時上演いたします。
〜〜〜〜

WHO'S WHO
KIM Sung-yong(キム・ソンヨン / 金 成用)
Dance Company MOO-E (DME) 代表・芸術監督。1997年東亜舞踊コンクール金賞を最年少で受賞し、韓国現代舞踊界にその頭角を現す。02年世界バレエ&モダンダンスコンクール (名古屋)にて銀賞受賞、03年若手振付家創作公演にて最優秀振付家に選出され、自国ダンス界はもとより、世界的に振付家としての才能を認められるようになる。ソウル・ダンスビエンナーレ、MODAFE国際ダンスフェスティバルをはじめ、アルゼンチン大使館招聘公演、エクアドル世界女性芸術フェスティバルなどに招聘され作品を上演。日本においては、上田遥公演やアゴラ劇場─ソウル・シアターゼロ提携公演「冬眠へノック」への出演の他、05年新国立劇場『舞姫と牧神たちの午後』、日韓ダンスコンタクト等で作品を上演。07年には、香港・台湾・メルボルン・ソウル・東京のダンスアーティストによるユニット:Homeless Dance Companyに韓国人振付家として参加。「イーストドラゴン」には06年より参加、07年日韓ダンサーをキャスティングした単独公演に続いての参加となる。
http://www.dancemooe.com/eng/index.htm

JUNG Seung-Jae ジョン スンジェ
ビジュアルディレクター。大学にて演出を専攻。北京オリンピック韓中合作公演テクニカルディレクターを務める等、多数の国内外公演の舞台美術を担当。

Fracois RIALLAND フランソワ・リアラン
パリの芸術大学にて音楽に関わる設置芸術を学ぶ。Dub musicを世界に伝える多芸多才なミュージシャン。

沼田志歩 Numata Shiho
幼少よりクラシックバレエを山路瑠美子に師事。2001年お茶の水女子大学舞踊教育学コースに入学、コンテンポラリーダンスを始める。能美健志主宰ダンステアトロ21や片岡康子主宰 DANCE HOUSE公演などに参加。大学卒業後05年よりアムステルダム芸術大学De Theater Schoolのモダンダンスコースに編入、Anuok van dijke、Katie Duck等に師事。07年卒業後は、Cobos Mika Dance Company、Maja Delak等の作品に出演し、現在、スイスのGisela Rocha Dance Companyに参加。

梶谷拓郎 Kajiya Takuro
12歳より札幌舞踊会にてバレエを始め、千田雅子に師事。ドイツ・ハンブルグバレエスクールに留学。同校卒業後、スイス・バレエジュニアデジュネーブにて振付家テリー・マランダン、ステイン・セリス、ケン・オソラ、パトリック・デルコア、ジル・ジョバンなど数々のネオクラシック、コンテンポラリー作品を踊る。08年帰国し、国内外でフリーランスダンサーとして活躍。09年Gisela Rocha Dance Companyに参加。

木野彩子 Kino Saiko
札幌生まれ。幼少よりモダンダンスを始める。大学にて舞踊教育学を専攻。 卒業後は牧野京子のもとで学び、ソロを中心に自らの身体と向かい合った作品創りを続けている。2003年「Edge」にて横浜ソロ×デュオ<Competition>(財)横浜市芸術文化振興財団賞を受賞。 04年より文化庁新進芸術家海外留学制度にてパリで研修、05年よりロンドン・Russell Maliphant Companyのダンサーとして活動。ロンドン・The Place Prize 2008にて「IchI」発表。09年より神奈川と札幌を拠点に日本での活動を開始。

posted by カイロス at 00:00| ダンス公演情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。